【京都市西京区】1日3時間営業 おにぎりに最適な岩手のブランド米を毎回精米し、釜で炊いたおにぎりが人気の店

 阪急桂駅からバスで7分ほど、物集女街道と樫原山陰街道の交差点を下がったあたりの道路沿いにある、小さなショーケース1つのおにぎりの店があります。「俵おにぎり むう」を2024年7月6日に訪ねてみました。

俵おにぎり むう

 塩にぎりや自家製おかか、鶏そぼろ、こんぶなど定番のものから、しば漬け大葉、小松菜おかかなど変わり種も。また、その日の気まぐれ俵などもあります。その日の気まぐれ俵の「梅と枝豆おにぎり」と「チュモクパプ」を食べてみました。

俵おにぎり むう

 米粒がほこほこした美味い飯に、梅の酸味と枝豆の甘みが馴染んでうま味がさらに増しています。梅昆布茶で仕上げてあるといいます。店主の穴山さんによると、おにぎりに最適の岩手県産ブランド米「銀河のしずく」を100%使用し、毎日精米したつきたての米を高火力ガス釜で炊き上げるのだそう。海苔は、有明の味付け海苔を使っています。

俵おにぎり むう

 穴山さんが、ご主人の実家の施設でもあるこの場所で店を始めたのが2023年の11月でした。「毎日食べるおにぎりだから、添加物の多い大量生産品ではなく安心な商品を作り、コンビニと同程度の価格で提供したい」との思いから、良質の米を安く仕入れるルートを確保し、農家の軒下販売など地元樫原で仕入れた食材を使うなどして具も手作りし、俵型の身体に優しいおにぎりを販売されています。

俵おにぎり むう

 穴山さんは、「樫原の皆さんに愛される地元のおにぎり屋を目指し販売を続けていきたい」と語って下さいました。みなさん、ぜひ気軽に立ち寄ってみてください!

2024/07/06 16:35 2024/07/06 21:24
HOTSUU

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集